商品検索 会員様以外でも ご利用いただけます

カタログ検索

SAN-MALL

理化CATA

デジカタ2018

ログイン

一覧へもどる新着情報

2018.06.14

三商 研究実験用ガラス製品・機器総合カタログ 2019
GENERAL CATALOGUEが間もなく発刊されるにあたって

三商 研究実験用ガラス製品・機器総合カタログ 2019
GENERAL CATALOGUEが間もなく発刊されるにあたり
ごあいさつをさせていただきます。

いまだかつてないと思われる規模・頻度の災害、地震、風水害が起こり、
復興に多くの方が尽力されている中、
冬期においては寒波、大雪などが追い討ちをかけるという状況が発生しています。
そのような多くの困難の中で、お客様、お取引先様各位のご愛顧をもちまして、
この度、三商 研究実験用ガラス製品・機器総合カタログ
2019 GENERAL CATALOGUEを皆様にお届けさせていただきます。
これは日頃の皆様からの格別のご支援の賜物であり、厚く御礼申し上げます。
このカタログが全ての研究者の方をはじめとするEnd Customerの方々のみならず、
このカタログをご活用していただく方にご満足、ご愛顧いただければ、幸いでございます。

今回のカタログは、三商自社・独自製品をより多く投入し、
国内・海外メーカー・製造業者様とのタイアップ商品をはじめとして、
内外の仕入先様が自信をもっておすすめできる製品群を、取り揃えさせていただきました。
また今までにない切り口・手法から製品開発へのアプローチを行ない、
ニッチではありますが前衛的な商品も取り入れております。
さらに必ず必要とされる商品にもかかわらず、諸事情により製造・販売中止に至ったアイテムを、
弊社主導により再構築の上に新製品としての投入も行ないました。
製造元、メーカー、仕入先の新商品、改良商品、推奨商品は、
三商自社・独自製品と同様に取り組み、方向性などを考慮の上、
積極的に掲載を行ないました。

どの製品も品質、価格、品揃え、納期、環境への適応に対するご要望が、
増大しており、その点も厳重に精査を行いました。
さらに震災、災害時の安全性の確保というテーマにもひき続き取り組むとともに、
潜在している新たな需要の創出という観点からの、
三商オリジナル製品の立ち上げ、新製品の選定も行なっております。
これらすべての製品は、三商スタッフ・関係各位の方の思いや熱情が込められ、
自信をもっておすすめできる、厳選されたものを提供させていただいております。

さらに近年は、製造中止品に対する後継・代替商品の選定、
価格、納期の要求に答えられない製品への、在庫、発注の見直しなども、
このカタログに付随する大きなテーマとなっています。
しかしながら大変不本意ではございますが弊社の努力不足により、
価格改定、中止品が発生しております。
為替の変動、製作者のご事情などの外部要因もございますが、
まだまだ改善の余地があることを痛感しております。
三商が主体となり、より良い方向へ導いていけるようにと考えております。

紙媒体の衰退が著しいと言われ久しい折、情報を総合的に皆様へ一括してご提供できるように、
本カタログは継続的な刊行を行なっております。
弊社ではこのカタログを中核に据え、既存事業のレベルアップを行ない、
今後の新基軸、新規事業への展開を図るのでご期待下さい。

自社スタッフによる営業ネットワークの整備、
物流体制の拡充、またそれらに相乗効果をもたらす三商基幹システムの構築、
皆様への情報発信を行なってまいります。
Web系の取り組みとしては、
この三商カタログがPC端末、スマートデバイスよりアクセス可能となるよう、
同じ内容・構成でデジタルカタログを準備させていただいております。
ご好評いただいている三商カタログ掲載商品のより詳しい情報を閲覧できる「SAN-WEB」、
多彩な機能を会員様へ提供する「SAN-NET」の拡充に取り組んでおります。
またお客様との協力関係の強化を推進するため、
「SAN-NET」のEDI連携も積極的に行なってまいります。
新たな取り組みとして「SAN-NET」の利便性をより多くのお客様へご利用いただけるツールとして、
「SAN-MALL」の立ち上げを行いました。
より広く三商の商品は、弊社の取り組みを体現させていただくものであると確信しております。

このカタログに掲載されている仕入先様、メーカー様との連携をより深めるために、
理化学製品群のポータルサイトの立ち上げを行なっており、
すでに皆様の目に触れていることと思います。
さらに、日本国内におけるグローバルスタンダード化のご要望に応えるため、
三商・英語版カタログ「2015 GENERAL CATALOGUE」を発刊しています。
英語版デジタルカタログも含めて、国際化の一助にしていただければと考えております。

このように三商カタログを中心として、
日々高度化し多様になる、
皆様のご要望により広くお答えできる体制に近づいていると自負しております。

末筆ではございますが、このカタログを作成するにあたりご協力をいただきました
皆様に深謝いたします。

2018年6月      
株式会社 三商

ページの先頭へ